利益率を取るか利益額を取るか? - Amazon輸出ビジネス講座 初心者が月10万円確実に稼ぐノウハウ

Amazon輸出で初心者が月10万確実に稼ぐ無料メール講座

リサーチ画像.jpgAmazon輸出ビジネスを始めてお金のかかるツールを一切使わず1ヶ月で10万を突破させるノウハウをお教え致します。Amazon輸出は非常に簡単にリスクなく始める事が出来ますが、稼ぐには様々なテクニックが必要です。売れる商品情報もどんどん出して行きます。
                                  
※現在無料メール講座受講終了の方へAmazon米国新規商品出品マニュアルプレゼント

米国FBAで初心者が月10万稼ぐ無料メール講座

amazon-fbaメール講座3.jpg米国FBAでリスクなく稼げるノウハウを具体的にお教えします!!FBAで売れるカテゴリーや商品の解説もしています。初心者の方でも月10〜20万ぐらいまでなら確実に稼ぐことが出来ます。

ボタングリーン画像.gif


※お金をかけず確実に売れているFBA商品を正確にリサーチする方法マニュアルプレゼント

利益率を取るか利益額を取るか?

■利益率を取るか利益額を取るか?


Amaozn輸出で出品価格を決める場合に、

「予め決めた利益率を取る価格設定にするか?」

もしくは「予め決めた利益額を取る価格設定にするか?」


多くのセラーは悩むのではないかと思います。


「よくどちらが良いのでしょうか?」と言うご質問を頂くのですが、
正直どちらでも良いのですが・・・・


「なぜどちらでも良いのか?」というと・・・・・・・


Amaozn輸出で売れるには出品価格すなわち販売価格と言うのが
最も重要なポイントの1つになるからです。



初心者のセラーさんに多いのが2000円利益が欲しいから全ての出品商品に
均等に2000円載せているが売れないというものです。


ライバルが少なかったころのAmaozn輸出ではこれでも良かったのですが、
現在のAmaozn輸出ではこの自分の欲しいい利益だけを優先していては、
なかなか売れにくいのが現状です。


そもそも利益率というのは数字のマジックのような要素があって、

同じ利益率20%だったとした場合、

2000円の20% ⇒ 400円

20000円の20% ⇒ 4000円

となります。


単純に出品価格の戦略を20%として設定した場合、
高単価の商品は利益率が同じでも利益額が非常に大きな金額になります。


ここで単純な発想では「おおこの商品はもうかるぜ!!ヒヒヒ」と
いかにも既に儲かったような気になってしまいますが、、、、、、、


しかし、利益と言うのは売れて始めて発生するものであって
売れなければ利益率が高いだの利益額が高いだの全く意味が無いわけです。



「あなたは、下記の商品はどっちが売れ安いと思いますか?」


1、20000円の20% ⇒ 4000円 ⇒ 出品価格24000円

2、20000円の7%  ⇒ 1400円 ⇒ 出品価格21400円


断然2の方が売れ安いでと思うはずですよね!!


2、は利益率7%ですが2000円の20%の利益額の3.5倍にもなります。


そうなのであれば利益額や利益率を一律の載せて出品価格を決めるよりも


商品によって変える、出品価格によって変えると言うことが重要なわけです。


売れるには自分の希望の利益率や利益額を重視するより
バイヤーが購入したくなる販売価格を重視する方が断然売れ安いと言うことなのです。



ようするにより売れ安くするためには、


商品によって変える、出品価格によって変えると言うことが重要だと言うことですね。


「売れる価格、売れ安い価格からどのようにして利益額を稼ぐかが重要なわけです。」


それではまた書きますね!!



P.S

World First社 海外銀行口座への切り替えが非常に増えています。

売上金入金毎の1%の手数料は非常に大きいです。

月で言えば入金されるだけで2%が自動的に引かれるわけです。

100万の入金だと2万円、50万の入金でも1万円、これが毎月です。

売上が増えれば増えるほど大きくなります。

World First口座ではこれがありません。

リスク回避のためにももっておいた方が良いです。

World Firstの口座への切換えはこちら

2015-04-08 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © Amazon輸出ビジネス講座 初心者が月10万円確実に稼ぐノウハウ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます